効果的な洗髪の方法を徹底的にチェックしてみました!

効果的な洗髪の方法を徹底的にチェックしてみました!

 

30代のあなた!もしかしたら、薄毛で悩んでいませんか?

 

薄毛になってしまう条件は様々ありますが、毎日のケアでそのリスクを下げることもできるのです。

 

その一つの方法になるのが、洗髪になります。

 

髪の毛の洗い方ひとつで、髪の毛が生えやすい状態にできるのです。

 

こちらでは、育毛に効果的といわれる洗髪の方法を調べてみました。

 

 

■準備について

 

・ブラッシングはすべき!

 

特に髪の毛が長い方に関しては、ブラッシングしましょう。

 

髪の毛を濡らす前に必ず行ってください。

 

ブラッシングの効果は、皮脂やフケといった頭皮や髪の毛の汚れを落としやすくするといったものです。

 

さらに、髪の毛の汚れを取ることで、シャンプーの効果を高められるのです。

 

 

 

 

■シャンプーを付ける直前に行うこと

 

・しっかりと髪の毛と頭皮を濡らすこと

 

ぬるま湯を必ずかけてください。

 

いきなり、シャンプー剤をつけてしまうと、頭皮に刺激が強い状態となってしまいますし、髪の毛がきしむ原因を作ってしまうことになります。

 

また、シャンプーを使う前に頭皮にぬるま湯を付けることには意味があります。

 

実は、皮脂については、お湯だけでもある程度は落ちるといわれています。

 

頭皮上にある皮脂の90パーセントはお湯だけでも落ちるといわれているので、シャンプーを使う前に必ず頭皮をお湯で洗い流しましょう。

 

 

 

 

・シャンプーを適量取り、泡立てること

 

シャンプーの量は多すぎても少なすぎてもいけません。

 

多いとシャンプー剤の刺激を頭皮が感じやすくなってしまいます。

 

また、少ないと、泡立ちが悪くなるので髪の毛に悪影響が出てしまう可能性だってあるのです。

 

シャンプーの適量は“500円玉大”とも言われますが、シャンプーによって異なります。

 

泡立ちが悪いシャンプーは少し多めに利用するとよいでしょう。

 

そして頭皮につける前には、必ず泡立ててください。

 

液体のまま頭皮につけてしまうと、頭皮を痛めてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

■髪の毛の洗い方について

 

・頭皮を洗うことに集中する

 

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うものです。ですから、頭皮を洗うことをイメージしましょう。

 

 

 

・指の腹を利用して洗うこと

 

爪を立てて洗髪すると、非常に気持ちがよいですが髪の毛と頭皮を痛めてしまいます。

 

頭皮を指の腹でつかんで、軽く洗ってください。

 

イメージとしては、指の腹で頭皮をつかみ、頭皮をゆっくりと動かすような感覚です。

 

「そんな洗い方で綺麗になるの?」と思うかもしれませんが、前述したようにお湯だけでも皮脂はだいぶ落ちるので問題ありません。

 

 

・すすぎについて

 

シャンプー剤が頭皮に残らないようにして、しっかりと洗い促しましょう。

 

頭皮に残ってしまうと炎症などの原因になってしまいますよ。