育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いを徹底調査

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いを徹底調査

 

シャンプーには様々なタイプがありますが、近年注目されているのが育毛シャンプーです。

 

では、その育毛シャンプーは、実際に普通のシャンプーとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

薄毛で悩んでいる方は、実際にその違いをしっかりと把握してから利用すべきです。

 

 

■シャンプーのタイプが大きく異なる

 

・普通のシャンプー・・・石油系など(高級アルコールシャンプー)
・育毛シャンプー・・・アミノ酸系など

 

シャンプーに使われている材料などから、いくつかのタイプに分けられるのです。

 

普通のシャンプーは、高級アルコールシャンプーといわれるものですが、とにかく洗い上がりにこだわっているといった特徴があります。

 

髪の毛をサラサラにしたり、つやつやにしたりする成分が含まれています。

 

しかし、それらの成分には、頭皮に負担をかけるものもあるので、育毛を目指している方にはあまり向いていません。

 

一方の育毛シャンプーは、アミノ酸系の成分が使われています。

 

実は、弱酸性系の内容になっているのです。

 

人間肌は弱酸性なので、基本的に、頭皮に負担をかけないタイプとなります。

 

育毛シャンプー以外のものの中には、アルカリ性のシャンプーもありますが、頭皮の必要な皮脂を取り去ってしまうのです。

 

アルカリ性が頭皮の毛穴を広げてしまうといったことで、肌荒れを起こす可能性も指摘されています。

 

育毛シャンプーを利用することは、頭皮を守ることにもつながるわけです。

 

 

 

 

■育毛シャンプーには育毛効果があるとされる成分が含まれている

 

・男性ホルモンを抑制するとされる成分・・・冬虫夏草エキス・オウゴンエキス・キウイエキス・ソウハクヒなど

 

男性の薄毛の圧倒的原因は、AGAです。

 

いわゆる男性型脱毛症といわれるものですが、男性ホルモンによって引き起こされることがわかっています。

 

それを抑えるとされる成分が育毛シャンプーに含まれているケースが多いのです。

 

 

 

・血管拡張効果があるとされる成分・・・サリチル酸・レゾルシン・ジオウエキス・ゴボウ根エキス・センブリエキス・イチョウエキスなど

 

髪の毛の成長には毛根がよくなければなりません。

 

髪の毛に送られる栄養は、血によって運ばれているのです。

 

血行不良になると、薄毛の原因となってしまいます。

 

そこで、育毛シャンプーに上記のような成分が含まれるケースもあるのです。

 

 

 

・保湿効果があるとされる成分・・・アロエエキス・ジオウエキス・イチョウ葉エキス・ローヤルゼリーエキスなど

 

頭皮が乾燥すると、髪の毛の成長を阻害してしまう可能性があります。

 

頭皮トラブルが起きやすい乾燥を防ぐことは、育毛にも大きな役割を果たしているのです。

 

だからこそ、育毛シャンプーには保湿成分が多く含まれています。