男性型脱毛症の人は抜け毛が少なくても髪の毛が薄い!

男性型脱毛症の人は抜け毛が少なくても髪の毛が薄い!

普段それほど抜け毛は気にならないのに、なぜか髪の毛が薄くなっているように見えると感じていらっしゃる方も多いのではないのでしょうか?

 

その際は「男性型脱毛症」の可能性があります。

 

男性型脱毛症は通称「AGA」とも呼ばれており、抜け毛が少なくても自然と髪の毛が薄くなっていくという現象が起きます。

 

男性型脱毛症の特徴は、若い世代の男性でも多く見られることであり、早い方では20代の後半から薄毛が進行してきます。

 

男性ホルモンの分泌が多くなると起きやすくなるものですので、男性型脱毛症の改善のためには食事や運動、睡眠といった生活習慣の見直しが重要になってきます。

 

通常男性ホルモンは体毛を濃くする作用があるため、頭髪を濃くするためには男性ホルモンが重要なのでは?と考えてしまうものですが、頭髪にとっては男性ホルモンは逆の作用を生み出します。

 

未だになぜ頭髪だけは男性ホルモンの増加で減少してしまうのかは謎が多いと言われています。

 

体毛よりも重要なのは頭髪であり、髪をしっかり守りたいという方は、男性ホルモンの分泌を抑えることが大切になってきます。

 

男性ホルモンを減らすためには、男性ホルモンを増やす原因となる行動を行わないこと、または女性ホルモンを増やすことが必要になります。

 

男性ホルモンは性行為や妄想を行うことによって多く分泌されるため、それらの行動を抑えることができれば男性ホルモンの分泌を自然と抑えることができます。

 

毎日行うのが日課になってしまっている人は、それを徐々に回数を減らしていけるようにしなくてはなりません。

 

また、女性ホルモンを増やすためには、大豆イソフラボンを摂取することで効果が得られます。

 

大豆由来の食品を積極的に取り、アロマの香りを嗅ぐなどすると女性ホルモンが分泌されると言います。

 

しかし、男性ホルモンを低下させ過ぎてしまった場合、勃起不全や射精不全などの症状を起こしてしまう場合があります。

 

また、男性による更年期障害の懸念も拭えません。

 

男性が、男性ホルモンを減らし、女性ホルモンを増やしていきたいとお考えの場合は、どちらのホルモンもバランスよく増加・減少させるようにしなくてはなりません。

 

極端に増え過ぎたり減り過ぎたりしますと、上記のような様々な問題が降りかかる場合があります。

 

男性型脱毛症を抑えるために必要な女性ホルモン。

 

まずは食生活と睡眠時間を調整し直し、体のバランスを整えることがもっとも重要と言えます。