育毛シャンプー選びは成分表をよく見よう

育毛シャンプー選びは成分表をよく見よう

育毛シャンプーは日本でも数多くの種類が販売されています。

 

そんな数多くある育毛シャンプーですが、それぞれのメーカーなどに応じて大きく成分が異なることが多いです。

 

ですので、育毛シャンプーを購入される前には、必ず成分表をみると良いでしょう。

 

育毛剤シャンプーの種類には、大きく分けて3種類あるのでご紹介していきます。

 

 

・アルコール系シャンプー

 

この種類の育毛シャンプーは、泡が立ちやすく、香りも良いものが多いので、通常のシャンプーのように洗いやすくて使いやすいというメリットがあります。

 

洗いやすくてキレイに汚れの落ちるアルコール系シャンプーですが、その反面で洗いやすさを引き出すために「界面活性剤」と呼ばれる物を利用しています。

 

この界面活性剤は汚れをしっかり落としてくれるのですが、その汚れと一緒に皮脂までもしっかりと落としてしまいます。

 

皮脂を失った頭皮はダメージを受けやすく、髪の毛も傷みやすいため、利用する方によっては頭皮トラブルにも繋がりかねません。

 

 

・石鹸系シャンプー

 

固形石鹸型のシャンプーで、前述したタイプのシャンプーに比べると汚れを落とす力は劣ります。

 

しかし、頭皮を傷つけたり、必要な皮脂までも落とすことがあまりありませんので、安全性の高さを選ぶのであれば石鹸系のシャンプーも良いでしょう。

 

無添加物の純石鹸であればなお頭皮には優しいのですが、髪の毛に潤いやツヤを与える力は欠けています。

 

それは、こういった石鹸系のシャンプーの多くはアルカリ性でできているからです。

 

肌の弱い方には石鹸系シャンプーはあまりオススメできません。

 

 

・アミノ酸系シャンプー

 

大手の育毛シャンプーの多くはこのアミノ酸系シャンプーを取り入れていることが多くなっています。

 

アミノ酸系シャンプーのメリットは、汚れをしっかり落としながらも必要な皮脂はしっかりと守ることができると言うことです。

 

髪の毛の主成分はたんぱく質ですが、さらに細かく言いますと「ケラチン」と呼ばれる成分でできています。

 

ケラチンは18種類のアミノ酸からできたたんぱく質のため、アミノ酸系シャンプーとの相性が非常に良いのです。

 

刺激も強くないため、敏感肌の方でも利用することができます。

 

 

大きく分けて3種類の育毛シャンプーがありますが、中でも最もオススメ出来るのはやはり「アミノ酸系シャンプー」です。

 

髪の毛との相性の良い育毛シャンプーなら、髪の毛にも、そして頭皮にも優しいため、どなたにでもオススメできます。