薄毛対策は早めが肝心!抜け毛の量に限らず即開始がおすすめ!

薄毛対策は早めが肝心!抜け毛の量に限らず即開始がおすすめ!

何事も早め早めの行動が功を奏すものですが、それは薄毛対策にも同じことが言えます。

 

人間の髪の毛は毎日50本〜100本程度抜けると言われています。

 

その抜け毛をすべて自分の目で見ているわけではないので、抜け毛が増えたかどうかというのはなかなか判断がつきません。

 

ですが朝起きたとき、枕についた髪の毛が最近増えた気がすると思えば、抜け毛が増えている可能性を疑ったほうがいいでしょう。

 

このように日々たくさん抜け落ちる髪の毛ですが、私たち人間の毛にはヘアサイクルがあり、毛が抜け落ちた部分からも2〜3ヵ月後には再び新しい毛髪が生えていきます。

 

しかしそのヘアサイクルが順調にいかなくなり、抜けた分を補うほどの発毛が見られなくなると薄毛の状態になっていきます。

 

男性が特に気にする薄毛対策は、目に見えて毛髪の量が減ってきてから始めるよりは、早い段階から行ったほうがいいのです。

 

薄毛対策の基本となるのがシャンプー選びです。

 

いつも使うシャンプーは市販の安価なものばかりという方は多いですが、そういった安価なシャンプーですと洗浄成分として石油系界面活性剤が使われていることが多いです。

 

この石油系界面活性剤は頭皮の汚れ落ちはいいのですが、その洗浄成分が強すぎるあまり必要な皮脂をも洗い落としてしまいます。

 

それが頭皮や毛髪によくない影響を及ぼすため、薄毛対策を行うのであればアミノ酸系の育毛シャンプーを使うようにしましょう。

 

またシャンプーの回数は、1日1回で十分です。

 

頭皮が脂っぽいのはよくないからと1日に2回以上シャンプーするのは、皮脂の取りすぎにつながるため避けた方が良いでしょう。

 

適度な皮脂があることで、頭皮を紫外線のダメージから守ることができているのです。

 

そして、ヘアカラーやパーマは、頭皮にダメージを与えることになりますので、薄毛対策としてはなるべく控えたほうがいいでしょう。

 

もしヘアカラーをするのなら、美容院や理容院でやってもらうと安心です。

 

自分でやるとどうしても頭皮に薬剤がついてしまい、それが頭皮の炎症を引き起こすこともあります。

 

また、髪の成長のためには成長ホルモンの分泌が欠かせません。

 

これは深い眠りが訪れているときに活発に分泌します。

 

深い眠りはノンレム睡眠と言われますが、このノンレム睡眠は睡眠から3時間後あたりによく見られるものです。

 

しかし就寝前にスマートフォンなどから光の刺激を受けると、そこで浅い睡眠になることがあり、それによって成長ホルモンが分泌しなくなります。

 

この点に気をつけながら質の高い眠りを実現するのも、薄毛対策として有効です。