頭皮が固いと薄毛になりやすいのは本当か?

頭皮が固いと薄毛になりやすいのは本当か?

本当です。

 

頭皮の方だと薄毛には、因果関係があるとされています。

 

しかし、これは誰にでもあてはまることではありません。

 

頭皮が固くてもフサフサの方もいれば、薄くなってしまっている人もいるのです。

 

では、どんなケースで頭皮が固いと薄毛になりやすく、どんなケースでは薄毛と無関係なのでしょうか。

 

 

■頭皮の固さと薄毛が関係あるケースについて

 

・血行不良が起こってしまっている

 

髪の毛は血液によって栄養を送られて成長します。

 

しかし、頭皮の硬い方は、血流不足に落ちっている例が非常に多いのです。

 

頭皮が固くなる理由はいろいろとあるといわれていますが、頭蓋骨は大人になっても成長する影響で頭皮が引っ張られてしまい、硬くなってしまうとのことです。

 

皮膚が頭蓋骨に圧迫されれば、血行が滞るのは何となくでも理解できるかと思います。

 

頭蓋骨の成長については止めることができないので、この場合の育毛対策は簡単ではありません。

 

 

・皮膚が痛んでしまう

 

紫外線を多く受けた皮膚が固くなってしまうケースも多くあります。

 

特に、髪の毛に分け目を付けている方は、その分け目の部分だけ紫外線にさらされて日焼けしてしまう例があります。

 

その結果、その部位だけ皮膚が固くなってしまうのです。

 

紫外線自体にも薄毛を加速させてしまう機能があります。

 

頭皮トラブルを起こしてしまいやすいのです。

 

そもそも、日焼け自体が、皮膚のやけどであるわけですから、髪の毛にも良いわけがありませんよね。

 

外に出る時は、なるべく帽子をかぶるといった対策法を実施すべきです。

 

 

■頭皮の硬さと薄毛が関係ないケース

 

・男性型脱毛症について

 

頭皮の硬さと男性型脱毛症(AGA)については、一切の因果関係はありません。

 

男性型脱毛症は、睾丸によって発生した男性ホルモンのテストステロンが、頭皮にある悪玉酵素の5-αリダクターゼと結合することによって引き起こされます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)といった成分が生まれて、薄毛になる指令を出してしまうのです。

 

男性型脱毛症は、頭皮が固かろうが柔らかろうが関係なく発生します。

 

遺伝によって引き起こされるので、発生してしまうこと自体は防ぎようもありません。

 

しかし、薄毛の進行を置くらせることや、復活させることは可能です。

 

育毛シャンプーや育毛サプリメントを摂取することで、頭皮が固くなって引き起こされる血行不足などを解決できる可能性があるからです。

 

育毛シャンプーや育毛サプリメントだけではなく、頭皮マッサージなども行って血行を良くするような対策を積極的に実施しましょう。