20代で細毛が多くなってしまった!ハゲになる確率はどれくらい?

20代で細毛が多くなってしまった!ハゲになる確率はどれくらい?

 

20代で髪の毛が細毛化してしまうこともあります。

 

その場合は、将来禿げてしまうのでしょうか。

 

20代男性は非常に気になる部分だと思うので、詳しく解説させてもらいます。

 

そもそも、20代で細毛化してしまうなんてことがあるのか、と疑っているかもしれません。

 

まずは20代の髪の毛が細くなってしまう原因について述べ、その上で将来禿げる可能性についてお話しします。

 

 

■20代で髪の毛が細くなる原因

 

・男性型脱毛症

 

最も確率的には高いです。

 

20代で男性型脱毛症にはならないと思うかもしれませんが、いわゆる“若禿”といった部類に入ります

 

ちなみに、20代ではなく10代でAGAが発症する例もあるほどです。

 

30代以降にしか発症しない、といったことはありません。

 

・タバコ

 

20代になるとタバコを吸うようになります。

 

タバコにはニコチンが入っています。

 

ニコチンは中毒性がある物質ですが、他にもさまざまな悪影響を体に与えます。

 

ニコチンには血管を細くする機能があるのです。

 

血行が悪い状態になります。血の巡りは髪の毛と密接に結びついています。

 

めぐりが悪いと、髪の毛に栄養がしっかりとおくれないので、髪の毛が成長しにくくなり細毛化してしまうのです

 

・食生活

 

20代はまだまだ若く、食事についても無理ができる年代です。

 

肉料理ばかり食べてしまったり、食事の代わりのお菓子をたくさん食べるといった方も少なくありません。

 

髪の毛も栄養からできているので、タンパク質やアミノ酸といったものが不足してしまうと、髪の毛の成長を阻害してしまうかもしれないのです。

 

食生活も20代で髪の毛が細くなる原因になりえます。

 

 

■20代の細毛化はハゲにつながってしまうのか?

 

・つながりやすい!

 

禿げる可能性は実際にかなり高いです。

 

男性型脱毛症以外の原因がある場合には、生活態度を改めれば何とか治る可能性もあります。

 

タバコをやめて、バランスの良い食事を心がけてください。

 

食事の好き嫌いが激しい方に関しては、サプリメントで栄養を補給するのも一つの方法になります。

 

一方で、20代なので、男性型脱毛症が発症して薄毛になっている可能性が最も高いといった現実もあります。

 

特に、20代後半で細毛化の現象が起きるのは珍しいことではありません。

 

ただ、すぐに禿げてしまうわけではありません。

 

確かに、3年くらいで禿げあがってしまう方もいます。

 

しかし、10年から15年くらいかけてゆっくりと禿げあがる方もいます、禿げ方も人それぞれなのです。

 

育毛剤や発毛剤には期待できます。

 

効果がない方がいることも確かですが、進行を遅らせるといった効果も期待できるので、ぜひ利用しましょう。